建築学科攻略サイト

凡人が建築学科をスムーズにクリアしようと試みるために作ったサイトです。「攻略したぞ!」という過去形ではなく、「攻略できるかな?」というニュアンスです。
正確には、建築学科(を)攻略(したい人の)サイトです。
自分が建築学科出身で、今いろいろと仕事をしている中で、実際の現場を見て思ったこと、感じたことなどを、建築学生時代の経験に絡めて書いております。
よろしくお願いいたします。
 

過去ログページ


2015年05月23日

雑談しませんか?

今回はもう募集終了しております。
また別の機会に募集させていただきますので、その時はぜひ連絡ください!





どうもこんにちは。



今回は記事と言うわけでは無く、簡単な募集でもしようかなぁと思って書いた文章なので、とっても短いですが、興味があればよろしくお願いいたします。



このブログを、僕は大学4年生の頃から細々とやっています。



で、僕はもう26歳になってしまいました・・・。笑



最近色々と、どんな記事を書こうかと考えているのですが、年を取ってきたせいか、考えれば考えるほど、僕のエゴが記事のテーマになってしまうなぁと思うのです。



まぁ、ブログを始めた当初はほとんどアクセス数が無かったのですが、最近は少しずつアクセスも上がっていますので、確実に読んで下さっている人が増えているということは分かります。



ところが、僕の書く記事の内容が以前と比べると、若干分かりにくいというか、僕の意見に凝り固まっていて、なかなか他人の思考や他人の価値観が反映されていないなぁと思ったのです。



勿論、僕が好き放題作っているブログなので、それはそれでいいのですが、



「そろそろ一旦外の風が欲しいなぁ」



と思いました。



そのきっかけは、以前僕の記事に対していただいた質問や要望です。



やっぱり、自分以外の人が考えていること、悩んでいることというのは、僕があまり考えたり、悩んだりしないことなんですよね。



で、そういった”自分以外の人が持っている何か”がきっかけで、それを一生懸命考えていると、僕としても新しいことに気づくことが出来たり、自分が考えなかったようなことを考えるきっかけになったりと、意外と好き放題記事を書いているより楽しいなぁと思ったのです。



僕が記事を書いていることには変わりないので、最終的に僕の意見・考えが記事に反映されるのは当然ですが、そのきっかけとして、とても面白いなぁと思いました。



今までの記事も、思い返せばほとんどそうで、大学の後輩と話をしていて思ったことを書いていたり、実家の家族と話をして、それがきっかけで色々と考え、記事を書いたり・・・。



記事を書くこと自体、何日もかけて言葉を選び、何度も読み直すので、作業としてはかなり面倒くさいのですが、自分にとってはなかなか良い刺激・体験になるなぁと思っています。



そこで、今回はTwitterで僕をフォローしてくださっている方や、ブログを読んで下さっている方が、普段どういうことを考え、どういう風に生活しているのかなぁと、ふと思い、話をしてみたら良いきっかけが得られるのではないかと考えました。



何人かは、SkypeやDM・ブログを通じて話をしたことがあるのですが、話をしたことが無い人がほとんどです。



直接会ってとなると、ハードルが高く、文章でやり取りをするとなると、非常に時間がかかりますので、今後の記事の参考として、今回はSkypeでお話が出来ればなぁと思っています。



時間の無駄だよぉ〜と思うなら、それは参加しない方がいいと思いますが、一応参加していただいた方とは、しっかりとコミュニケーションを取り、お互い必ず価値のある時間にしていこうと、僕に出来る努力は最大限するつもりですし、大学生の方がいらっしゃったら、少なくとも大学のカリキュラムをこなしている時間よりは、良い時間を使っていただける自信はあります。

※お互い、予定があるかと思いますので、日程調整からのスタートとなりますが・・・。笑



例えば、僕が開いた就活セミナーに来てくれた人は、全員希望の会社に就職しています。
学生時代に何故か僕に相談に来てくれていた今の嫁さんは、Google先生曰く、「就職偏差値とやらが最高に高い(らしい)、大手企業」に就職しています。
(それが必ずしも良いこととは限りませんが・・・)



他にも、僕は後輩のコンペや課題のエスキスなんかほぼしていませんでしたが、たまたま何かの縁で僕のエスキスを経験した仲の良かった後輩たちは、必ず課題では学年上位に来ています。全国区のコンペでも普通に賞を取っています。



僕自身、コンペの受賞数はここ数年で2ケタ取っています(最近の受賞は2014年末です。)ので、ある程度、現在のコンペのトレンドや、デザインのトレンドも理解している自信はあります。



なので、どういう目的があるか、目標は何かというのは人それぞれかもしれませんが、お互いそんなに無駄では無い時間を過ごせるかなぁとは思っています。



ただ、一つ勘違いしないでほしいのは、僕がアドバイザーというわけではありません。



きっかけをもらうのはお互い様ということです。



僕としては、この雑談を通して、何か僕を参考にしていただけるならばうれしいですし、僕も参加していただいた方から必ず何かを学びます。



気負って何かを話すのではなく、軽い感じで話が出来て、なおかつそこからお互い何か学べたり、今後の大きなきっかけをつかめれば良いと思っています。



TwitterのDMないし、このブログにコメントしていただければ、僕のSkypeのアカウントと、日程調整をする旨を伝えますので、どうぞ気軽に参加してください。



※数時間前にTwitterで募集したところ、すでに何件かDMをいただいております。
最初は、複数で一度にチャットで会話しようと思っていたのですが、1対1のほうがお互い楽しく有意義に時間が過ごせそうなので、僕のキャパで対応できそうな人数が集まり次第、募集を終了して日程調整に入ろうと思います。



それでは、一緒に昇華できるようなお話が出来ることを楽しみにしております。



是非是非、かる〜い気持ちで参加してください。



※TwitterのDM・ブログのコメント等、何でも良いので「雑談参加希望」の連絡をいただければ、僕から日時の調整と、詳細の連絡をさせていただきます。



posted by makku at 23:23| Comment(6) | 募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

SNSのTL(タイムライン)から始めてやってきた人へ

このブログも、アクセスが増えてきたので・・・



初めてこのブログにやってきてくださった方へ、ちょっとだけ注意していただきたいことがありますので、そのお知らせです。



それなんで、このブログとか、僕のTwitterを長年見ている方には関係ない内容です。


また、意外とポジティブな理由で見に来て下さる方もいらっしゃいますので、そういう方向けのメッセージでもありません。


どういう経緯でこのブログに来たか知りませんが、何人かはあまり好意的では無い感情でこのHPに来たかと思います。



変なクソ若僧の偉そうなツイートがTLに流れてきた。


よし、どれどれ、どこのどいつだこのクソガキは・・・


みたいな。笑


まぁ、いつものことですが・・・。



で、そこで一つだけ注意しておきたいことがあります。



当たり前の話ですが、情報には大きな壁があります。



自分にとって嫌な情報、自分にとって都合が悪い情報、イラッとする表現・・・



色々な要素がせっかくの情報収集を妨げます。



怒りとか、感情とか、細胞とか、そういうものが反応した瞬間、その情報はもう手に入りません。



それなので、感情が動いたら、嫌な気持ちをぐっと抑えて、感情が動かなくなるまで何度も読んでみましょう。



読書も同じです。



本を熟読するのは非常に面倒で、時間がかかります。
出来れば、キーワードを拾って、自分の頭の中で都合のいいように解釈して、読んだ気になりたい。



けど、それは自分が読んだことであり、作者が言ったことではありません。



つまり、その状態では読書なんて成立しないのです。
読書の目的は、作者の意図を知ることでしょ?



せっかく時間を使うんですから、しっかりと相手のことを理解したほうが有意義ですし、得です。



どんな情報にも、書き手には悪意なんてほとんどありません。僕が書いてる記事も、イラッとする表現があるかと思います。



けど、僕としては、建築業界を馬鹿にしているわけではありません。建築業界をいろんな角度から見た自分の観察の結果を書いています。



本当にしょうもない内容しか書いてないように見えるかもしれませんが、出来ることなら、同じように建築を学んだ人と情報を共有し、出来るだけ建築学科を楽しく、未来のある学科にしたいと思っています。



その一環と、あとは自分の日記とかそんな感じで僕はこのブログをやっております。



僕なりにではありますが、正しいと思うこととか、今の建築業界の現状とか、意外とわかりやすく丁寧に書いていると思います。



なので、せっかくこのブログに訪れたなら、是非何か有意義な情報を持って帰ってください。



「あらやだ、この机の隅に埃が付いてるけど・・・」



な〜んて、嫁のあら捜しをする姑(しゅうとめ)みたいな目では無く、



「こんなクソガキでもちゃんと仕事出来てるってことは、何かあるのかなぁ?」



と、そんな爽やかな感情で読んでいただければと思います。
そして、癪に障るかもしれませんが、何か一つでも今後の仕事とか考えに生かしていただければと思います。


ちなみに、僕は自分がフォローしている人のつぶやきはすべて読んでいます。



たまに、僕の悪口とかもあります。笑



けど、僕はそれをメモって保管しています。そして、精神に余裕が出来た時に見直して



「僕のここはいけないなぁ」

とか、

「僕のこういうところは賛否両論があるのだなぁ・・・」



とか、色々と学んでいます。(ドMってことじゃないよ)だってその方が得だから。



まぁそんなかんじで、よろしくお願いいたします。



元の記事に戻るにはここをクリック!
posted by makku at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする