建築学科攻略サイト

凡人が建築学科をスムーズにクリアしようと試みるために作ったサイトです。「攻略したぞ!」という過去形ではなく、「攻略できるかな?」というニュアンスです。
正確には、建築学科(を)攻略(したい人の)サイトです。
自分が建築学科出身で、今いろいろと仕事をしている中で、実際の現場を見て思ったこと、感じたことなどを、建築学生時代の経験に絡めて書いております。
よろしくお願いいたします。
 

過去ログページ


2016年12月19日

「贅沢なオープンデスク」予告編 その1

※この記事は募集記事ではありません。こんな感じの企画しますよ〜っていう説明ですので、よろしくお願いします。



こんにちは



Twitterやブログを始めて、もう4年くらい経ったと思うのですが、TwitterやSkypeで色々な方と話す機会も増えてきて、昨年ごろからはちょくちょくリアルで食事に誘ってもらったり、たまたまTwitterで知ってる人と出会う機会があったり。



SNSらしい人間関係が広がってきたなぁ実感しています。



このブログを作ったときや、Twitterを始めた時から、なんとな〜く何かイベントや企画をやろうかなぁと思っていました。



賞金出してコンペを主宰してみようかなぁ



とか、



どこか場所を決めて勉強会みたいなことをやってみようかなぁ



とか。
※ちなみに、Skype雑談はおかげさまで実現しました。ありがとうございます。



ただ、参加者が一定数集まるかどうかが全く読めず・・・笑



ということで、色々と構想はあったんですが実現していない企画がいくつかありました。



そんな中で、ちょっと前にTwitterで思っていた企画の1個をツイートしてみました。



内容は

”建築を学んでて、金がない事務所でタダ働きするオープンデスクみたいな企画は沢山あるんだけど、純粋に建築で贅沢するっていう体験をする機会ってなかなか無いじゃないですか。だから、来年「建築で贅沢する」っていう企画をやろうと思うんですけど需要あるんですかね。”

という内容のツイートです。



で、結構反応が良く、なんとな〜く人が集まりそうな気配がしましたので、



じゃあ実際にやってみようじゃぁないか!



ということで、2017年に実際にやろうと思っています。



ただ、ツイートでは文字制限があり、企画の雰囲気がちょっと伝わる程度だと思いますので、今回は、その企画のなんとなくの予告編みたいな記事を書いてみることにしました。



タイトルは・・・う〜ん、そうですねぇ・・・



「贅沢なオープンデスク」



っていう感じにしておきましょうか。笑



僕が設計事務所をやっているわけでは無いので、本来はオープンデスクっていう表現がふさわしくないのだと思うのですが、僕としては



オープンデスクに行く時間と金があるなら、代わりにこっちに参加しなよ!



って意味で、「贅沢なオープンデスク」っていうタイトルにしています。



僕が建築学生の頃、周りの学生たちが良くオープンデスクに行っていました。
※僕自身は一度も行ったことが無いのですが・・・



で、その光景を見て、僕が素直に思ったのは、



学生(や、参加者)にメリットはあるのか・・・?



ってことです。



「オープンデスク参加者」


というより、


「模型工場無銭派遣労働員」



の方がふさわしい表現なのではないか?とずっと思っていました。




本来のオープンデスクは、建築のノウハウや設計の意図、設計者の魂を学ぶ場所なんだと思うのですが、今や貧乏設計事務所が人を雇えないから、「オープンデスク」という名前を使って無銭で働いてくれる労働者を集めていて、設計事務所からしたらそれはそれはありがたい話かもしれませんが、学ぶ人にとってはあまり意味が無いのではないかと。



まぁ、それが良い経験・勉強になるって思うなら、それはそれでいいと思うのですが、僕はあまり好きでは無いので、じゃあ



どこにでもある、みんな行ってるオープンデスクの逆のことをやってやろう♪



っていう企画を思いついたわけです。



それが、今回の「贅沢なオープンデスク」っていう企画になります。



内容はその名前の通り、



金ももらえず貧乏しながら、寝不足になるくらい劣悪な労働環境で模型を作る”作業”をしながら机上で建築を学ぶこと



の真逆で、



金をかけて、建築家やデザイナーが設計した「建築的に快適で贅沢な空間」を体験することで、気持ちよく建築を体感し、学ぼうではないか!



っていうものです。



よくよく考えたら、素直に建築で贅沢する経験ってほとんどの人がやってないんじゃないですか?
これっておかしいですよ。



お笑い芸人が、面白い現象で笑う経験をせずに、必死で書物で学術的に笑いを学んでる光景みたいな。笑



僕は今年(2016年)、結構色々なところに出かけて、色んな宿泊施設の豪華な部屋に泊まってみました。その時すっごく感じたのは、



模型をこねくり回しながら


「この天井の高さは気持ち良いのか?」

「内部から連続して外部空間へ行くシークエンスはこれとこれどっちが美しいか?」

「この壁厚から差し込んでくる柔らかい光が・・・」




って、あれやこれやと考えたり、議論しなくても、



「あ、この天井の高さって良いなぁ」

「こんな空間でくつろぐと気持ちが良いなぁ」

「この空間が自然と繋がると、こう感じるんだ・・・」



って、自分が体験すれば一撃で理解出来るってことです。



特に、見学ではなく滞在するっていうのはとても良い経験になります。



1日〜2日、非日常的空間が自分の生活空間になりますからね。



美術館の見学や有名な公共建築の見学、内部空間の観察では無く、純粋に空間になじみ、生活の一部にする経験って、なかなか無いと思います。

※美術館や公共建築って宿泊させてくれないですから。



これが結構効果的で、変な理屈で、図面や模型とにらめっこする数千倍の速度で、快適な空間の持つ”空気”が理解できます。




これは、文章やグラフィックでは説明が出来ないと思います。



ほんとに・・・笑



時間をかけて、頑張って模型作って、勉強して、図面書いて・・・、やっと体験者のニアリーイコールまでは行けるかもしれませんが、イコールにはならないと思います。



僕は学生時代、死ぬほど図面を描いていますし、雑誌や実例も沢山見ています。



けど、2016年に色々な空間で過ごし、「建築的に贅沢な空間」というものを体験をすることで、雑誌で読んだこと、図面を描いて学んだことがより深く理解できました。



殺伐とした空気の中、徹夜でヒーヒー言いながら建築を学ぶ経験なんて、どこの学生でもやってることです。



その逆の企画は今のところ僕は見たことが無いので、ぜひぜひ一緒に良い空間と時間を体験しましょう。



今回は予告ですので、宿泊施設や場所、時間はまだ選んでる途中なのですが、「おおよそここかなぁ」ってのは考えています。
※これはある程度固まってきてから次の予告で公開しようと思っています。



ただ、参考に、これくらいの宿泊施設を予定していますってことで、リンクを貼っておきます。



安藤忠雄さん設計

瀬戸内リトリート 青凪



中村拓志さん設計


ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道



隈研吾さん設計


ATAMI海峯楼
※ここはそこまで高く無いので、この企画じゃなくても普通に泊まれるかもね。



その他もろもろ・・・



どちらにせよ、定員分の1泊の宿泊料金がスイートルームで30万くらいだったと思いますので、社会人になってもなかなか経験出来ないところかなぁと思います。
(ベラビスタみたいな10万くらいの部屋の場合は1部屋定員が2人なので、2人部屋のスイート×3部屋違うタイプで取ろうと思いますこれで10万×3部屋)

※高級ホテル系は、空間やインテリアもそこそこ良いのですが、どちらかというとサービスやラウンジ・施設利用、料理の特典が多いので、今回はそういうところでは無く、地方の宿泊施設系の、純粋に設計にこだわってるところを選ぼうと思っています。



ちなみに、Twitterにも書いてると思いますが、宿泊や食事、その他施設利用の費用等は僕が負担しますので。
※人数制限がある部屋だったりしますので、僕以外に4〜5人くらいのメンバーを募集しようと思っています。



まぁ簡単に言うと



普段なかなか泊まれない宿泊施設で各々くつろいで、色々な施設を体験して、美味しいごはん食べて、適当にお酒でも飲んで雑談しながら、たまに真面目な話とかしながら、リラックスして楽しく体全体で、たまに頭も使って建築や社会、今後の日本、就活や将来について色々と学びましょう。




こんな感じの企画です。



本格的に募集開始しましたら、またTwitterでも告知します。



ただ、今回はSkype雑談と違い、募集人数がある程度決まっていますので、希望者全員っていうわけにはいかないと思います。



告知の際に再度書きますが、希望者が募集人数よりも集まった場合には、個人的には嫌なんですけど、予算の都合もありますのでこっちでかってに選考します。
※ちなみに、参加の条件は特にないのですが、募集をかけた時点でのTwitterのフォロワーさん限定です。



選考基準ですが、Skype雑談等に参加してもらってる人とか、Twitterでよくやりとりしてる人は優先します。優先する理由ですが、お互い何度も会話していますので、ある程度お互いのことを知ってるからです。
※ただし、知らない人にも是非参加してもらいたいと思っています。



で、出来れば年代別で参加してもらいたいので、年齢も選ぶ要素にします。




今までSkypeにも参加していないし、Twitterでも特に僕と関わっていない、けど参加してみたいっていう場合は、名前や住所、大学などの個人情報を伏せてもらってでも構いませんので、僕にプロフィール等を先に送ってください。



募集してからだと、全部見るのに時間かかりますので、このプロフィールに関しては、今日から受け付けます。メールかTwitterのDMでお願いします。



最後に、僕がお金払ってなんの得があるの?みたいな質問来そうなので、先に答えておきます。



昔から、建築学科攻略サイトとか、他サイトから入ってくる広告収入等でイベントしたいなぁって思ってて、今までそのお金に手を付けてなかったんですよ。



手を付けなくてもサラリーマンの所得とか株とか為替とかコンペとか、その他もろもろで十二分に生活できるくらいのお金入ってくるので。(納税が必要なものについては、確定申告してますよ、ちゃんと。)



で、ずっと使ってなかったネットとか広告系のお金で予算を組んで、今回のイベントを企画しています。




別に見返りを求めているわけでは無く、攻略サイトを見てもらってるだけで僕にはいくらかの恩恵がありますので、使い道ないから還元しようかなぁってのと、僕が大学生の時にやってみたかったイベントを、今お金があるのでやってみようかなぁって思っただけです。



※日程は極力色んな人が参加できる日時で調整する予定ですが、基本は僕の予定に合わせてもらいます。



それでは、詳細が決まり次第、随時更新していきます!




posted by makku at 19:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築学科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

1年はえぇえええええな、おい!

こんにちは



2016年もいよいよあと2週間ほどですね。



特に書きたいことがあるわけではないのですが、とりあえず



「1年が終わりましたねぇ」



みたいな挨拶も込めて、少し短いですが記事を書いてみようと思います。



12月ですが、僕はなんとなくぼ〜っと、部屋の掃除したり、お世話になってる人たちに年賀状を書いたり、もっこり募集が来たSkype雑談をしながら生活しています。



もう完全にあれですね、2016年おしまいモードです。笑



今年はどういう1年でしたか?



いつものことですが、年の初めは



「今年こそはOOをやる!!」



って目標を立てる人が沢山いると思います。目標は達成できましたか?



僕は年始に目標を立てることは無く、



今日はこれをやろうかな?

明日はこれをやろうかな?




なんて毎日色々やってたらあっという間に1年終わっちゃいました。



けど、今年になって今までとちょっと変わったことがあって。



それは、



非常に暇になった



ということです。



所得は去年より上がってる(たぶん)。やってることも増えている。旅行も沢山行った。コンペも出して賞を取った。他にも新しいことに色々挑戦している



けど、暇なのです。



暇というと、何もしていないように思われるかもしれませんが、



何もやることが無くて暇


という意味では無くて、


やろうと思ったことが常に出来る時間の余裕がある


という意味で暇でした。



やりたいことや仕事が沢山入ってるから、忙しいって思うのか、

空き時間が沢山あるから、やりたいことや仕事が沢山入るって思うのか



やってることは同じでも、一方の意識は「忙しい」で、一方の意識は「暇」ってなるんだと思います。



性格の問題かもしれませんけどね。考え方の問題なのかな?



僕は幼少期を海外で過ごしています。



親父の仕事の現場をなんとな〜く見てたのですが、海外のエリート(少なくとも、僕が見た範囲では)ってヒーヒー言いながら仕事をかつかつにやってるというより、さらっとスマートに業務をこなして、時間を見つけて人と会って仕事につなげたり、食事やパーティーに出かけることに時間を使っているイメージで、それを自然に見て育った影響かなぁとも思います。

※別に海外にかぶれて「これが正しい!」って思っているわけでは無く、純粋に育った環境がそうなので、僕はそういう考え方になっています。



色んな人に会って、色んなところに出かけて、Twitterやブログでも、去年以上に多くの人と関わりました。



2016年、暇でよかったなぁと思います。いろんな経験が出来ましたし、いろんなチャンスに巡り会えましたので。



そして、こんな暇な生活を続けていると、労働環境について、色々なニュースを見かけて疑問に思うことが沢山あります。



長時間労働とか、ブラック企業とか。



そういう環境が良いか悪いかおいといて、



「なんでそういう環境に身を置くのかなぁ?」



って思ってしまいます。



ディスってるわけでも無く、純粋な疑問です。



僕は2年ほど前にこのブログで働きかたの変化等について記事を書いているのですが、今の世の中、ブラックな環境や長時間労働(時間を売る労働)を選ばなくても良いという選択肢がた〜くさんあります。

※もちろん、長時間働いて、体調を崩しても良いっていう考えもあるかと思いますので、別に否定をしているわけではありません。好みの問題ですので。



※前の記事



■ 就職活動や進路選択に”失敗”があるとしたら・・・

■ 好き嫌いとか要望とか



そして、労働環境に関する選択肢は、年々増えているように思います。



けど、自ら就活を通して自分に合っていない環境を選択して、自ら時間を切り売りする労働を選び、文句を言う。



なんで?



って思います。文句を言うのであれば、最初から選ばなければいいんじゃない?と。



僕は最初から徐々に暇になっていく労働環境を選んでいます。



で、年々暇になっていっているので、特にストレスも無く。思った通りの未来がやってきたなぁと思っています。



今後、もう少し顕著に出てくると思いますよ。働き方や環境の差って。



今はなんとなく1つの塊が徐々に分離して、2つの別々の方向に向かって開き始めている段階ですので、まだその差が見えにくい部分もありますが、時間が経つにつれてどんどん差が分かりやすくなっていきます。



その差が誰にでもわかるようになったとき、新しい時代がやってくるのだなぁと思っています。



まぁ、2017年から2020年くらいまで、大体こういう感じで流れていくんだろうな〜っていう予想もしていますので、



来年も思った通りになるのかな?



と、ちょっと楽しみに思っています。



予想というより、根拠を沢山集めてゆっくり落ち着いて観察すると、確率の高い方向性が見えてくるっていうだけなんですけどね。



例えば、建築業界の今後の方向性について、とっても分かりやすい例を一つ挙げてみましょうか。



2020年から、省エネ基準の変更により建物に関する規制が今よりも厳しくなります。特に窓、断熱材、壁面積などなどについての規制。裏情報でもなんでもなくて、経済産業省と国土交通省のHPに普通に書いてあるので読んでみて下さい。
※確認申請提出時に、新しい基準に適合しているかどうかの証明書を添付して確認申請をおろすっていう手順ですので、適合していない場合はそもそも確認申請が下りない。



今のデザインの基準で図面やディテールの勉強をして、マスターしたとします。



「今の建築は完全にマスターした、俺は建築界のヨーダだ!」



そして、満を持して社会人になった2020年に、建築の規制が変わりました。勉強してきたものが建てられません。


あらまぁ・・・。



だったら最初から2020年に改正された基準を理解して、それに合わせて勉強してたら何も困らないんです。(日本国内での話ね。)



基準が変わるなら、デザインのベースも変わりますので、次の時代のブームもおおよそ見えてきます。



けど、ずっと既存の建物の勉強ばかりしてる。


未だに、全面ガラス張りのスケルトンのデザインが・・・
鉄筋コンクリート打ちっぱなしの美しいテクスチャの住宅が・・・




と。



美しい歴史を学ぶことは大切ですが、そうではなく、”現在のものだけ”を切り取って建築を考えてる。
たった数行で説明できることを知っているか、意識しているかで未来の自分の活動が大きく変わるのに・・・。



で、無知な自分を差し置いて、未来に基準が変わればひたすらごねる。「表現の自由が無くなる」とか子供みたいなわがまま言う。



こんなごくごく一般的な教養が欠落したアーティスト(風な人)になりたいですか?



選択はその人の自由ですが、選択肢や知識が少ないと、そもそも選択肢が少なすぎて選択していないことと同じですので、是非いろんなことを勉強して、予測をして物を考えてみて下さい。




未来の基準にあわせて今のうちに準備をしていると、きっといいことがあります。
※下ネタメインみたいなイメージがついてますけど、意外とSkype雑談とかで、こういうネタを詳しく話したりしていますので、興味あれば来年あたり参加してみて下さいねー。



※関連記事



■ 建築業界をしっかり見つめ直すのは・・・今でしょ!


まぁとりあえず、ちょっとずつ世の中は変わっていますので、変化があればすぐに対応できるように、1年ごとの変化を振り返って考えてみましょう。



そして、次の年はどうなるのか?



それが分かれば、次2年後は?5年後は?と、色々な仮説を立てて検証してみると面白いですよ。




非常に短いですが、とりあえず今年はそんな淡々とした2016年でした。



それでは、Skype雑談がもう少し残っていますが、記事の更新は多分年内はもうしませんので、良いお年をお過ごしください!




posted by makku at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会人生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

雑談しませんか?パート3

今回(2016年12月3日時点)で、いっぱいになりましたので、もう募集終了しております。
また別の機会に募集させていただきますので、その時はぜひ連絡ください!




こんにちは。



2016年ももうあと1か月ですね。




しかし、1年が経つのが早くなってきたなぁと思ってしまうということは、僕も相当年を取ったということで・・・。



とりあえず、毎年1回くらい、僕はTwitterやブログで



「Skype雑談」



をやっています。



で、2016年もやろうかなぁ〜、どうしようかなぁ〜って考えてて・・・



よし、今年もコンペ1本取れればやろう!



って決めてたら、最近とあるコンペの受賞通知が来ましたので、



じゃあやろうかなぁ



と思って、「Skype雑談パート3」を、募集することにしました。



ちなみに、雑談の企画は今回で3回目です。
「Skype雑談」の詳細をもう一度書くのも面倒で、前回の案内のリンクを貼っておきますので、


Skyoe雑談ってどんなの?って思った方はこっち(過去の募集記事)で詳細を読んで下さい。


■ 雑談しませんか?


■ 雑談しませんか?パート2



Skype雑談って、結構堅い話になるのかなぁと思いきや、毎回フリートークみたいな感じで、Skypeで開始時間だけ決めて、お互い飽きるまでだらだらと色んな話をしているみたいな感じです。



建築の話もしますし、就職活動の話もします。コンペの話もありますし、エスキスを頼まれることもあります。



僕はコンペ結構沢山取ってますし、人の作品のリサーチとかも相当やってるので、コンペのトレンドとか、どういう作品が評価されてるとか、そういうダイレクトな話も出来ます。

※大学4年の時から今までで、作品を出した年(2011年、2012年、2014年、2015年、2016年)は必ず何かの賞金枠に入っています。ちなみに、2013年は1本も出していません。ほんとに。



他に、株とか為替の話も出来ます。
(月20〜30万の収入を投資だけで稼ぐ程度のレベルなら。)



あと、アダルトグッズにも結構詳しいので、下ネタでずっと盛り上がってることもあります。



若い世代の結婚生活についても色々話せると思いますよ。この時代に25歳で結婚して結婚式してマイホーム買ったので。



とりあえず・・・



僕も、結構ブログのネタとかが集まるので、この企画が好きで、全然気負うことなく



「ほんとにラフで、でもお互いとても意味のある話」



をしようっていう魂胆でやっています。



全然お堅いものでは無いので、ぜひぜひ参加してください。



Skype雑談参加の場合は、TwitterのDM・リプでも良いですし、メールアドレスも載せますのでメール ( eastmaxkin01@yahoo.co.jp )でも構いませんし、ブログのコメント欄に参加希望と書いていただいても構いません。



それでは、お互い将来の素晴らしいきっかけが作れるような素敵な雑談が出来ることを楽しみにしています。



※最近はありがたいことに、募集すると1日以内でキャパオーバーになります。
僕は、今年の年末結構予定入ってるので、あまり人数が多いと厳しいのですが、とりあえずいつも通り、「キャパオーバーです」っていう状態を告知するまでに連絡をくれた方は必ず対応します。



ただし、キャパオーバー宣言をした後でも、言うだけ言っていただければ、出来るだけ時間を取る努力をします。また、キャパオーバー宣言を見ていなくて、入れ違いでメッセージをいただいていましたら、それは100%対応させていただきます。



※2回目の募集の時は結構リピーターが多かったのですが、今回もリピーターの方は必ず対応します。ただし、年をまたぐかもしれませんが、お互いSkyopeのIDとかも知ってるので臨機応変に対応していきましょう。



posted by makku at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 募集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする