建築学科攻略サイト

凡人が建築学科をスムーズにクリアしようと試みるために作ったサイトです。「攻略したぞ!」という過去形ではなく、「攻略できるかな?」というニュアンスです。
正確には、建築学科(を)攻略(したい人の)サイトです。
自分が建築学科出身で、今いろいろと仕事をしている中で、実際の現場を見て思ったこと、感じたことなどを、建築学生時代の経験に絡めて書いております。
よろしくお願いいたします。
 

2018年03月07日

僕から見た建築界隈を、ちょっと誇張して書いてみた。

僕から見た建築(or学生)界隈を、ちょっと誇張して書いていてみました。



※ほんとは、こっちの記事の中に書いていたのですが、ややこしくなるので分けて記事にしました。
元記事はこっち

■ そのスープ、そろそろ個体になって食えなくなるんじゃないの?



賛否両論あるかと思いますが、僕にはなんとなくこう見えています。



本当の価値を追求するあまり、部分最適の最果てに行ってしまうと、なんとなくこういう雰囲気になってしまうような気がしますので、一旦外から見てみるのも良いと思いますよ。



それでは、本編へ・・・



外食の中でも特に人気があり、不動の地位を持つラーメン。それぞれ味・作り方が違うスープ、そして食感、麺の湯で加減等・・・。



ラーメンは奥が深い。



そんな中、時代は激化し、経済も低迷。時間と予算に追われながらもおいしくて暖かかいごはんが食べられる、



「インスタントラーメン」



の登場。



安い、早い、うまい。



インスタントラーメンは瞬く間に市場を席捲した。



そんなインスタントラーメン時代に疑問を投げかけた3体の神がいた。



ラーメンは、もっと奥深いものではないのか?お湯を注ぐだけのラーメンは、豊かな食べ物なのか・・・?



この話は、その3体の神の試行錯誤をつづった物語である。



チャー:「しかし、あれだ。最近のラーメンはインスタントばかりになったなぁ」



シュー:「そうだな。丁寧に仕込み、丁寧に仕上げるラーメンの良さをもっと多くの人に知ってほしいよな。あの奥深い味わいは、お湯を注ぐだけの手軽さに勝るものがある」



メン:「我々3体がそれぞれ、インスタントの普及に疑問を投げかけるための、ラーメンを再び考えていこうではないか。」



チャー:「うむ。まず、インスタントには手軽さがあるから、対抗するために時間を
かけてゆっくり丁寧に作っていくのはどうだ?」



メン:「それはアリだな。手がこんでる分、味に奥行とインスタントでは表現できない深みが出る」



チャー:「じゃあ、私はスープを丁寧に煮込んでみることにする。」



シュー・メン:「同意。」



チャー:「シューはどうするんだ?」



シュー:「私には、実は前々から温めていたアイデアがあって。新しいラーメンの形を再提案できないかなと思っていて。」



チャー・メン:「面白いじゃないか。ラーメンという概念を再定義するわけだな。」



シュー:「あぁ、お前らのことをびっくりさせたいから、今度試作品を作ってみるよ」



チャー・シュー:「メンはどうするの?」



メン:「私は、君たちが作った物を世に広めていくため、学校を作ろうと思っている。そこで我々が作ったラーメンを教育して、もっと良いラーメンを作ることのできる若い世代を育てたい。」



チャー・シュー:「素晴らしい!じゃあ、素晴らしいラーメンを作るためにまずはそれぞれ試作品を作っていこう」



メン:「分かった。私はチャーとシューが創作している姿をその都度見ながら、アドバイスをしながら、教育カリキュラムを組んでいくよ。」



チャー・シュー・メン:「よし!やろう!」





こうして、3体の神様はそれぞれ自分のアイデアを形にするために作業と思考に取り掛かりました。






■ チャーの場合・・・



さて、インスタントや資本主義の味に勝るために、まずは手の込んだスープを作ってみよう。仕込み時間を変えて・・・煮込み時間も変えて・・・



そういえば、作っているスープに継ぎ足し継ぎ足しスープを重ねて、濃縮しながらスープを濃くしていく手法を見た事があるぞ



よし、いったん作ってみようか・・・・



1日目、2日目・・・4日目・・・5日目・・・



おお、なかなか濃厚なスープになってきたぞ。どれどれ・・・



うん!うまいじゃないか!



よし、この調子でどんどん煮込んでいくぞ!



・・・・・



そこに、メンがやってきました。



メン「おお、すごくおいしい。いい感じじゃないか!」



チャー「そうだろ、ここからさらに煮込んで、もっとっ凝縮していこうと思ってるんだ!」



メン「よし、その調子だ!どんどん煮込んでいこう!」



そして、チャーは毎日毎日、スープを煮込んでより濃厚にしていきました。



今日より明日はもっと濃厚に。明日より明後日はもっと濃厚に。



より濃厚に・・・



そして、ついに、濃縮に濃縮を重ね、高いところから落としても割れないほどの強度を誇る岩が完成しました。



チャー・メン:「やったぞ!時間をかけて濃縮に濃縮を重ねたラーメンのスープが完成したぞ!」



・・・・・





■ シューの場合・・・




さて、ラーメンを再定義するか。



従来のラーメンは麺があって、スープがある。最近は、汁なし麺というものも出てきた。



う〜ん・・・何かいいアイデアはないものか?



そうだ!麺を細かく刻んでみよう。



なるほど、麺を刻むと、細かい穀物の粒のようになった。



あ!そうだ、これを握って塩をかけてみよう!そうすればおにぎり感覚で片手で食べられるシンプルなラーメンができる!



そこに、メンがやってきました。



メン:「やぁ、シュー調子はどうだい?」



シュー:「ああ、実は片手で食べられるラーメンを開発しているんだ!」



メン:「どれどれ・・・おお、これは斬新だ!より食べやすく、よりおいしく改良してくれ!」



シュー:「あぁ、任せとけ」



こうして、シューは来る日も来る日も、麺を刻んでは、握って塩を振ってみて、硬さや握り具合を微調整しました。



シューは途中で「おにぎりのほうがうまい」っていうことに気づいてしまったので、おにぎりよりもうまくするためにはどうしたらいいか、試行錯誤を繰り返しました。



製麺機を変えてみたり、刻んだ麺の両端を丸めて、お米に近づけてみたり・・・。



毎日たゆまぬ努力を続けていきました。



そして、ついに、本物のおにぎりに近いものが完成しました。



目をつぶって食べればほとんどおにぎりと区別がつかない。



ついに!今までになかったラーメンが完成したのです!



シュー・メン:「やったぞ!ついに本物のおにぎりと区別がつかないクオリティのラーメンが完成したぞ!」




・・・・




そして、3人は集まりました。



チャー:「私は、こんなラーメンを作った。」



チャーの手には、がちがちの岩が握られていました。



煮込み時間、手の込み具合、材料費、人件費・・・それらを加味すると、この岩ひとつに2000万円の価値がある。



シュー:「私は、こんなラーメンを作った。」



シューの手にはおにぎりと区別がつかないほど精巧に作られたラーメンが握られていました。



試行錯誤の時間、実験の時間、製麺機の導入、手間等を考えると、このラーメンには3000万円の価値がある。



そして、メンは言いました。



メン:「いやぁ、よく頑張った。こんな素晴らしいラーメンが出来た事を、私は誇りに思う。君たち二人が作っているところを記録しておいて、教育カリキュラムもできた。よし、自信をもって学校を作ろう!」



こうして、3体の神は学校を作りました。




3体の神々が、インスタント業界に立ち向かうべく、作った真のラーメンを作るための技術と思考を習得できる学校です。



そこには、沢山の生徒たちが入学してきました。



生徒A「どうやら、今までにない本物のそして新しいラーメンが学べるらしいぜ!」

生徒B「そうだな、インスタントにはもう飽きたから。楽しみだ」

生徒C「一体、どんなラーメンが作れるんだろうか・・・」



沢山の生徒がざわざわしている中、校長であるメンのあいさつが始まりました。



メン:「皆さん、おめでとうございます。今日からあなたたちにはこのラーメンを作ってもらいます!」



生徒たちの目の前に、チャーとシューが作ったラーメンがついに披露されました。



それを見た生徒たちは、声をそろえて言いました



生徒一同:「これって岩と、おにぎりじゃないんですか?」



それを聞いた3体の神は、大変驚いた表情を浮かべながら答えました



チャー・シュー・メン:「お前ら何も知らないのか?何を言っているんだ?これは合わせて5000万円の価値があるラーメンじゃないか・・・」




・・・・・




おしまい。





posted by まっく at 15:26| Comment(0) | 辛口エッセイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。


建築学科攻略サイト 公式CM




建築学科攻略サイト 公式CM 第二弾