建築学科攻略サイト

凡人が建築学科をスムーズにクリアしようと試みるために作ったサイトです。「攻略したぞ!」という過去形ではなく、「攻略できるかな?」というニュアンスです。
正確には、建築学科(を)攻略(したい人の)サイトです。
自分が建築学科出身で、今いろいろと仕事をしている中で、実際の現場を見て思ったこと、感じたことなどを、建築学生時代の経験に絡めて書いております。
よろしくお願いいたします。
 

カテゴリー:コンペ


2018年02月19日

トレースに関して質問が来たので答えてみました。

こんにちは。



以前、トレースをするのにおススメの書籍っていうのを紹介したのですが、その書籍をトレースすることに関して質問が来ました。



で、この質問(疑問)、僕も自分がトレースやってた時にすごく考えましたし、今になって振り返るとその疑問について色々と向き合ったから得られたものが沢山ありますので、ちょっと細かめに記事で解説しておこうと思います。



※ちなみに、以前にもトレースについて記事を書いていますので、こっちも参考にしてください。
■ トレースのすゝめ



ちゃんと取り組んでると一旦必ず考える疑問だと思いますし、今後トレースやってみようと思ってる人にとっても参考になると思いますので。



とりあえず、質問の内容がこんな感じです。



Q

”設計課題の講評会に選ばれないのが悔しく、春休みを使ってどうにかレベルアップできないかと思い、色々な記事を見てるうちに攻略ブログのトレースの記事を見つけました。
Floor Plan Manual Housing を購入して、トレースを始めてみたのですが、少し疑問に感じたことがあります。
一覧で載っている図面を一通り頭に叩き込むとのことですが、どこにリビングがあって…ダイニングがあって…のような諸機能がどこにあるのかも詳細のページを見て覚えるべきなのでしょうか?
「単語」として覚えるべき内容に図形としての要素に加えてゾーニングの要素も入っているのかお聞きしたいです。(個人的に一覧のページの少し簡略化された図面から諸機能がどこにあるのか読み取るのが難しいかったので…)”


※書籍の紹介ページはこちら



で、僕の解答なんですけど・・・



とりあえず僕がやった順番としては、



とにかく図形を「図形」として覚える → 作者が図形に与えた意味を理解する → 自分ならどう図形を解釈し、どう意味を与えるかを考える



という順番でした。



つまり、音声中で「単語を覚える」と「文脈を覚える」という解説をしているのですが、それぞれ別々にやって、それを頭に叩き込んだのち、日常生活でそれらを頭の中で繋げたということです。



本の最初の方にある一覧(目次)に載っている図面を一通り頭に叩き込むときは、ゾーニングは考えなくても良いです。どちらかというと、「変な形の図形を平面(2D)として覚える」っていう作業で大丈夫です。



目的を限定してください。



で、一通り”図形”を覚えた後、



「その図形を作者がどう解釈しているのか?」



を、別の詳細ページで学べばいいんです。
※これは、あくまでそれが正解というわけでは無く、「他人が与えた意味」として覚えれば大丈夫です。



初期の段階で図形と作者の意図を関連付けてしまうと、どうしてもそれに引っ張られて空間と用途を結びつけてしまうので、まずは頭の中で想像できる「図形」のレパートリーを増やしましょう。



図面をまじめに書いていると、どうしてもNLDK、この部屋は「LDK」この部屋は「子供部屋」この部屋は「書斎」とか決めたくなるんですけど、名前付けるとその空間の意味や用途、隣の部屋とのつながりがいつの間にか限定されてしまいますので、その繋がりや用途を限定しないためにも「図形」として覚えてみて下さい。



覚えきった後に、作者がそのボリューム(立体)に与えた意味を文章や関連図面で理解すれば良いです。そうすると、



「自分はこの図形に対してはこういう意図が見えるんだけど、この作者はこういう解釈が出来たのか・・・」



と、自分のアイデアと他人のアイデアを比較できるようになりますので。




あと、図形として覚えていると、例えば平面として覚えた時、ふいに空いた時間で



「この平面にはどういう断面が出来るんだろう?」

「この平面を、作者と違う立体の空間に起こすとどういう空間が出来るだろう?」



とか、頭の中で図形を空間化出来るようになってきます。




いきなりそうなるわけでは無いですが、慣れてくると完全に頭の中で



「この図形を立体に起こしたら・・・」

「この図形とこの図形をくっつけたらこういう図形になって・・・」



と、シミュレーションが出来るようになってきます。



で、そういうシミュレーションが出来るようになると、街歩いてる時に見かけたボリュームとか、隙間とかが自然に頭の中で立体化されるようになります。



そうすると、実際の空間が頭の中に出来て、



「その空間が現実ではどう使われているか?」

「その空間って自分はこう解釈したなぁ」

「自分の解釈と、実際の使われ方にはこういうギャップがあるのか」

「そのギャップと、このボリュームを実際に使った作者の設計にも、こういうギャップがあるなぁ・・・」




と、日常生活で色んな比較が出来るようになってきます。




すると、こういうデータが頭の中に無意識に大量に蓄積されてきますので、ふいにコンペや課題の文章読むと瞬発的に何パターンかアイデアが出てくるようになりますし、そのアイデアに実際の空間や日常生活での出来事が含まれますので、とてもリアリティが出てきて、説得力も生まれてきます。




文章で書くと、これらの作業が相当単純化されるので、



「なるほど、イケるね!」



ってなると思うんですけど、実際やってみるとこれって”慣れ”と”やった量”に比例しますので、是非大量の材料を頭の中の空間に作るつもりでトレースしてみて下さい。








posted by まっく at 18:39| Comment(0) | コンペ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

コンペのプレゼンボードの悪い部分を指摘してほしいと言われたので、指摘してみた

こんにちは。



これは、元々「個人的な意見をひたすら話してみた。」という記事にUPしていたコンペのプレゼンボード添削の音声ですが、これはこれで、1個のコンテンツとして数が増えてきそうな気がしますので、とりあえずこっちの記事にまとめてみました。



ほんとは図面を公開しながら色々と話したほうが分かりやすいのですが、図面の著作権が僕に無いので、音声のみになっています。



ただ、出来るかぎり音声だけで伝わるように話しています。



■ プレゼンボードの悪い部分を指摘してほしいと言われたので、指摘してみました。その3



ブログを読んで下さっている方から、「以前コンペに出した図面を添削(悪い部分を全て指摘)してほしい」と依頼が来ました。なので、送っていただいたプレゼンボード、コンペの提案を見ながら、「もっとこうした方が良かったのでは?」というのをひたすら話しています。その第三弾です。

※今回は送っていただいたプレゼンボードの密度が濃く、結構書き込んでありましたので、結構長くしゃべっていると思います。いつも通り「悪い所を全て教えてくれ」と言われましたので、辛口で指摘しています。




■ プレゼンボードの悪い部分を指摘してほしいと言われたので、指摘してみました。その2



※送っていただいた図面は、作品として成立しているものです。学部3年の方でしたが、かなり良くできてると思います。ただ、いつも通り「悪い所を全て教えてくれ」と言われましたので、辛口で指摘しています。



■ プレゼンボードの悪い部分を指摘してほしいと言われたので、指摘してみました。その1



ブログを読んで下さっている方から、「以前コンペに出した図面を添削(悪い部分を全て指摘)してほしい」と依頼が来ました。なので、送っていただいたプレゼンボード、コンペの提案を見ながら、「もっとこうした方が良かったのでは?」というのをひたすら話しています。送っていただいたコンペのプレゼンボードは載せられませんが、珍しく人の作品に全力で意見している音声をせっかく撮ったので、載せておきます。どういうところに注目して図面を見ているか、参考にしていただければと思います。

※送っていただいた図面は、作品として成立しているもので、特に指摘しなければいけないようなものでは無かったのですが、「悪い所を全て教えてくれ」と言われましたので、辛口で指摘しています。



■ (おまけ)コンペや課題で実際に使っているテクニック




コンペや課題で実際に僕が使ってるちょっとしたテクニックを話してみました。あくまでも、トレースや分析をしたうえで聞くと、結構いいきっかけがつかめるテクニックではないかなぁと思います。




to be continued...






posted by まっく at 23:53| Comment(0) | コンペ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

トレースのすゝめ

こんにちは



もう2016年も終わりに近づいてきましたね。



僕ももう27歳、来年になると28歳で、いよいよ本格的に30歳を意識しはじめる年齢になってきました。



この年になると、1年って早いもので、本当にあっという間に過ぎてしまいます。



27歳がすぐ28歳になり、30歳になり・・・



僕たちがまだ小さいころっていうと、30歳も40歳も50歳もほぼ同じようなもので、



そうなると30歳なんてほぼ40歳・50歳みたいなもので、50歳なんて四捨五入すると100歳なので、僕はもうおじいちゃんになったんだなぁと悲しくなります。



まぁこれ以上書くと本当に悲しくなりますので、年齢の話はこのくらいにしておいて・・・



今回は珍しく、コンペや建築に関係する記事にしようかと思います。
最近はなんとな〜く、就活とか、生活とか、そんな記事が多かったので・・・



心機一転!



というのも、最近Twitterで



「凡人がコンペ取る最も簡単な方法は過去の受賞作品を大量にトレース(書き写す)すること」



っていう発言をしました。



その時に限らず、僕はコンペやドローイングについて記事を書くとき、常々トレースが一番効果的に勉強できる方法ですと書いています。



僕が学生時代に後輩や友達に質問された時も同じことをずっと言ってるのですが、よく考えたらトレースの効果やどれだけトレースが有効かというものを説明したり、記事にしたことが無かったので、今回はトレースをすると身につく感覚や、トレースをするだけでどれだけすごいものが得られるのかというものに重点を置いて記事を書いてみようと思います。



ただ、本題に入る前にちょっと補足というか、大事なことを書いておきます。



コンペに出す目的って何ですか?



これはっきりさせて下さい。




※関連記事
■ アイデアの原点ってどこにあるのでしょうか?


僕の結論を言うと、コンペに作品を出すということは、受賞すること(僕の基準では賞金枠に入れば良い)だけが目的です。



「賞は取れなかった。けど、自分の創作活動としては納得している」



こんなことは僕の中では絶対にあり得ません。それなら、コンペなんか出さずに自身で勝手に創作をすればいいじゃないですか。



コンペで賞を取るということは、相手の要望に応えるということで、自分の作りたい作品を作るわけでは無いです。



これを勘違いして



「コンペの目的は賞を取ることでは無い!納得できる作品を作る事なんだ!」



なんて言いはる傲慢なアーティスト気取りの人もいますが、そんなのは賞取れないやつの言い訳で、じゃあ勝手に作品作って自己評価すればいいだけで、わざわざ送料費払ってコンペに出す必要なんて無いじゃんって思ってしまいます。



なので、それを自分の中ではっきりさせて下さい。

※ただし、天才は例外です。天才は自分の好きな物を自由に出して賞を取れますので。僕が書いているのは、あくまで「僕みたいな凡人が賞を取るためには?」ということです。



とりあえず、



コンペ出す=賞を取る=賞金を貰う
っていう目的で出そう!



って心から納得できる場合だけ、この記事を読むようにしてくださいね。



それでは本題にまいりましょう。



と、その前にもう一つ。



この記事では、トレースの素晴らしさを沢山書きますが、この良さは実際にトレースをやらないと分かりませんので、この記事を読んだだけでトレースしたのと同じ効果が得られるっていうことは無いです。



そこんとこ、よろしくお願いします。



まず、過去の作品を大量にトレースをして身につく最大の物を先に書いておきます。



それは、



「コンペで受賞する作品を実際に描く(作る)感覚」



です。



過去にコンペで受賞したことがあれば、受賞する作品を作る感覚が経験できているのですが、一度も受賞したことが無い場合は、受賞する作品を作る感覚を知らないまま、手探りで作品を作らなければいけません。



なので、一度も賞を取ったことが無い場合は特にやったほうが良いと思います。



過去のコンペの課題文を読んで、作品をトレースしてみて、トレースした作品と課題文を見比べる
っていう作業を何度もしていると、受賞する感覚というか、評価される作品を作る感覚が分かるんです。



これが身につけば、相当コンペに通りやすくなります。



で、ここで良く



受賞作品を沢山トレースした。じゃあ、受賞作品の要素を分析・抽出して、その要素を含む作品を新しく作ればいいんだな!



っていう勘違いをされるのですが、これは違います。
これだとただ過去と同じ作品を作るってことになるので。笑



じゃあこの「受賞作品を作る感覚」が必要かというと、



自分が作った物が「受賞しそうか、しなさそうか」を自分で評価できるようになるからです。



あくまで、作品を作るのは自分自身で、作品自体も自分のものなのですが、その作品を客観的に良いか悪いか判別できることが大事で、トレースをして、受賞作品を作る感覚が身につくと、この能力がかなり上がります。



どういう感覚になるかというと、



自分で作品を作っている途中ないし、作品の大枠が出来た段階で



「あ、これ取れるな〜」



って、「1+1=2」っていう数式を見た時と同じような感覚で、素直に思えるようになります。



「これ取れるな〜」って思って実際取れたのが1回とかならまぐれの可能性も大いにあると思いますが、僕の場合、賞(賞金枠)ですと10本以上取っていますので、おそらく正しい感覚なんだと思います。



トレースしてみて、是非この感覚を身に付け、トレースの枚数を増やしていくことで、この感覚をより洗練していきましょう。



他にも、トレースをしていると良いことが沢山あります。



そうですねぇ・・・、



描けない図面の種類が少なくなるっていうのもあります。



例えば、海外雑誌などで美しいパースを見て



「あ〜こんなパース描けるようになりてぇな〜」



って思うじゃないですか、あれに近いものならすぐ描けるようになりますよ。



だって何の画像の上に何を張り付けてテクスチャを作っているか、どういう効果をかけて光や影を表現しているか、1枚の画像のどの工程までモデリングソフトで作ってて、どの工程からPhotoshop等の画像加工アプリを使っているか?



っていうのが大体イメージできるようになるので。



※自分が描き写しているものを、単純に写すだけでは無くて、頭の中で各要素に分解するイメージを持ちながらトレースするとより効果的です。
「この木は合成だなぁ・・・」「この図面のテクスチャは、図面の上から貼ってるの?下に貼ってるの?」「影はレンダリングで付けた物?Photoshopで合成したもの?」
みたいな感じで。



CGのレンダリングで細かい影や光を描写するのは大変時間がかかります。



けど、Photoshopでやるとかなり簡単なものとかもあります。最終的に出来る画像に大差ないのですが、作る時間は相当違いますので、こういうのも分かってると無駄な時間使わなくて済みます。



トレースって、最初は描くのに必死になっててあまり考える余裕がないのですが、慣れて来ると同じ図面を書き写してても、効率的に写す方法とか分かります。



複雑そうに見える受賞作品のA1パネルも、書き写してみると実は単純なことしか書いてなかったり、コピペが沢山使われていたりしています。



逆に、簡単に書き写せるシンプルなドローイングでも、トレースしてみるとバランスがおかしくなったり、なんかダサくなったりして、シンプルに見えて実はけっこうレイアウトに凝っているんだなぁとか、色々分かります。



この反対で、「シンプルでも意味深な作品」に見えて、じつは内容の無いぺらっぺらのものもすぐ分かります。



こういうのは、多分審査員も分かっていることなので、同じような基準でものを見れるようにトレーニングしてみるといいですよ。



で、トレースをする時は必ず細かい文字や句読点まで書き写すようにしてください。
とにかく、手作業で完全コピーする感覚です。



「この文字ちっちゃいからいいや〜」

「この線邪魔だから適当にごまかしとこ〜」



これじゃああまり意味がありません。



こんな細かいトレースをしようと思うと、線一本、文字一文字も見逃さないくらい良く観察しなければいけません。



こんなに他人の図面を観察することって無いでしょ?



これが相当勉強になるのです。



コンペによっては、作者に受付番号みたいなものを振り分けられることがあります。
※コンペ参加に事前登録をして、発行された番号を図面の右下に書いてくださいみたいなもの



そういうコンペの受賞作品のトレースをする時は、その番号も書き写してください。



この番号って結構でかい文字でダサいフォントで書くことを要求されることが多くて、レイアウトのバランスを崩してくるので、結構考えて配置してる人多いと思います。



その良い勉強になりますので。



とにかく、自分で書き写す、書き写さないを決めずに、トレースするなら異常に細かいところまで完璧に書き写すように。



実際の画像で例を挙げると、これくらいを目標にトレースが出来ると良いと思います。

WO2u7Mha.jpg

上、元画像 第28回建築環境デザインコンペティション
URL : http://kenchiku.tokyo-gas.co.jp/prize/28th/public.html



下、その受賞作品をとあるフォロワーさんがトレースした画像

mklGbNhd.jpg

こないだ、Twitterで「トレースやってみようかなと思います」って連絡くれたフォロワーさんが「やってみました」ってさらっと送ってくれた画像なんですが、これくらいやると誰がどう見ても完璧ですよね。
※トレースする作品は、僕が勧めたものでは無く、トレースした本人さんが選んだものです。



もう、ほんと素晴らしいと思いますので、記事で使わせてもらいました。



※僕が学生時代にトレースしたものって、引っ越しの時にほぼ捨てちゃって、残っていません。どっかの機会に僕が描いたものも載せようかと思います。笑



この方がトレースした画像もすごいんですけど、誰かも分からない、本当はコンペ1回も取ったことないかもしれない、何も素性がわからない僕の



「とりあえず、トレースすればいいんじゃないですか?」



って記事を読んで、それをそのままやる根性がすごいと思います。笑



まぁ、僕もこういう図面のトレースを沢山やったことあるんですが、こういう図面を描き始める時って、どこから書いたらいいかわからないし、完成するかどうかも不安だし、すごく途方もない作業に思えるんですよね。



だから最初の1枚がなかなか描けないんです。



「トレースすれば良いって聞いたけど、どうすっかなぁ〜、やろうかな〜、やっぱ明日にしようかな〜」



みたいな。



けど、1文字、線一本でもいいから書き始めれば、あとは意外とすらすら書けるもんです。



トレースって僕は相当な数やっていますが、実は2枚目以降はそこまで大きな成長はなくて、最初の1枚目がとても大事だと思います。



最初の1枚目が、一番学びが多いので。



2枚目以降は新しい発見というより、1枚目で学んだことの確認や、感覚の洗練をしているっていう表現のほうが近いと思います。



なので、とにかく最初の1枚を始めてみて下さい。



1枚描いた人の感覚と、1枚も描いたことのない人の感覚って明確に違います。



時間にしては数日・場合によっては数時間の差かもしれませんが、感覚や実力としてはものすごい差ですので。



これはやったことある人にしか分かりません。



逆にやったことない人ってなんか薄っぺらいというか、適当というか、出汁を使ってないみそ汁みたいな感じなんですよ。



僕はほとんど学校に行ってなかったのですが、珍しく学校に行ったとき、ゼミ室で後輩と先輩みたいなのがエスキスしてて



「この図面どう思いますか?」

「いや〜、この赤がちょっとうるさいんじゃない?寸法線もいらないしねぇ」

「なるほどですね!」



みたいな会話をちらっと聞いたことがあって、別にいいんですけど、あまりに適当というか、感覚的すぎて心の中でそっと



「“なるほどですね”じゃねぇだろ笑」



って、適当なアドバイスされてるその後輩を気の毒に思ったことがあります。
※僕が学生の頃はSANAAみたいなドローイングが流行ってる時期で、薄~い細〜いのがウケてた時代なんですよ。



薄いシンプルな図面が流行ってる時期であっても、伝える内容、コンペのテーマによっては寸法線を書いた方が良い時、色を濃くした方が良い時、色々あります。



自分が先輩になったとき、こういう残念極まりない適当なアドバイスをして後輩を不幸にしないためにも、状況判断が出来るように色々トレースしてみて下さい。



色々書きましたが、総じて言ってることは



物事を事細かに観察し、再現する能力はとても大事です。トレースはその練習に最適だということです。




昔、僕がとある実業家の話をラジオで聞いてた時に、その実業家が



「自分は漫画を読むとき、キャラクターの部屋にある小物に○を付けて、作者が何でこのキャラクターの部屋にこの小物を配置したのか分かるまで考える。分からなければ何度も漫画を読むようにしている。作者は絶対何か意図をもって描いていて、それが分かるまで観察している」



と言っていました。



緻密な観察は、コンペで受賞云々っていう枠を超えて、仕事や日常生活にもものすごく役に立ちます。



コンペでしたら、賞金とって数十万〜数百万の話かもしれません。



けど、こういった観察眼はどこでも使えます。数十万にとどまるような効果では無いので、是非、学生で暇な時に色々とやってみて下さい。



基本、学生は暇ですからね。




学生時代に忙しいなんて言ってる人は、結局せかせかしてるわりに何もしてない場合が多いし、そういう人は社会人になっても絶対忙しいって言いながら、結局何もしない人なので、今1枚トレースすることが、社会人になってからの人生を大きく変えるかもしれませんよ!



そのためにも、さあ今すぐトレースを始めましょう。



※「何からトレースして良いか分からない!」
っていう場合は、「とりあえずこれをトレースすればいいんじゃね?」っていう本を紹介していますので、そちらを参考にしてください。


■ 個人的な意見をひたすら話してみた

↑この記事にて、音声で解説しています。↑



それでは!
旅行明けで結構な勢いで書いた記事なので、誤字脱字あったらすみません。今度チェックして見つけたら訂正します。m(__)m


※補足記事

■ トレースに関して質問が来たので答えてみました。






posted by まっく at 19:13| Comment(4) | TrackBack(0) | コンペ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


建築学科攻略サイト 公式CM