建築学科攻略サイト

凡人が建築学科をスムーズにクリアしようと試みるために作ったサイトです。「攻略したぞ!」という過去形ではなく、「攻略できるかな?」というニュアンスです。
正確には、建築学科(を)攻略(したい人の)サイトです。
自分が建築学科出身で、今いろいろと仕事をしている中で、実際の現場を見て思ったこと、感じたことなどを、建築学生時代の経験に絡めて書いております。
よろしくお願いいたします。
 

カテゴリー:読書


2017年11月14日

建築の高額洋書をレビューしてみた。

こんにちは



今回は、建築関係の洋書のレビューをしてみました。僕の部屋に本が沢山ありますので、色々とおすすめの本はあるのですが、今回はちょっと変わったレビューとして、



高額洋書



をレビューしてみようかと思います。建築の書籍の中には(建築に限らず、専門書のなかにはこういうものが沢山あります)、すでに絶版となっており、再販されることが無いため、プレミアがついている本が沢山あります。



その中でも、マニアックなコレクター向けの書籍というより、実際に活用できるタイプの高額洋書を紹介してみます。




アイデアの入り口とか、ボリュームスタディとか・・・そういうのに使える本だと思います。



僕も実際アイデアコンペで何度も活用したことのある本です。
※ただ何も考えずに活用したからといって良い作品が出来るわけでは無いので、そこはちゃんと線引きしてくださいね。



以前何度かブログやTwitterで書いたことがあるのですが、アメリカの建築家Steven Hollのwritten in waterという本です。



分厚くて小さいコンクリートブロックみたいな形をした本なのですが、現状売り出し中の在庫の中での最安値は1冊52,000円で、最高値は1冊で101,000円です。



1冊52,000円の本ってどんな本だよ・・・買うのは無理だが見てみたい・・・(´・ω・`)



と、気になるかと思いますので、とりあえず、レビューしてみました。



ちなみに、レビューでは関連書籍も含めて3冊紹介しています。さすがに全部買う猛者はいないと思いますが、一応リンク貼っておきますので・・・





Steven Holl - Written in Water




Steven Holl - Scale: An Architect's Sketch Book





Steven Holl - Idea and Phenomena




※ここでレビューしている本は



・Steven Holl - written in water 著:Lars Muller

・Steven Holl - Scale: An Architect's Sketch Book

・Steven Holl -Idea and Phenomena



の計3冊です。



本の内容がとても素晴らしいのですが、値段が高すぎますのでなかなか手に取れないかと思います。そこで、極力分かりやすく中身の良さを伝えたいと思い、動画を撮影しましたが、「引用の範囲内」の明確な定義の判断が出来ませんでしたので、数ページ以外はほとんどモザイク処理をして、レビューのコメントをしております。



他人のYoutubeの動画や、Twitter等のSNSのコンテンツを見ている限り、本のスキャンをそのまま載せて引用元等を明記せず、レビューですらない垂れ流しアカウントでもアカウント停止・著作者からの警告を受けているように見えませんので、おそらくモザイクを外しても出版側に迷惑をかけることは無いと思うのですが、詳しいことが良く分かりませんので、個人的に限界まで配慮して「引用」の定義に当てはまる範囲内で動画編集等をしております。



著作権・引用・レビューなどなどに関して、色々な記事を読みましたが、「レビュー・紹介」と「転載」の明確な定義が記載されておりませんでしたので、過去の判例等を参考にして、レビューとそれに必要な範囲内での引用と判断できそうなラインで動画を作成しております。




違反しているようでしたら、動画削除されるかと思いますのでその時はその時で・・・




posted by makku at 23:06| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


建築学科攻略サイト 公式CM