建築学科攻略サイト

凡人が建築学科をスムーズにクリアしようと試みるために作ったサイトです。「攻略したぞ!」という過去形ではなく、「攻略できるかな?」というニュアンスです。
正確には、建築学科(を)攻略(したい人の)サイトです。
自分が建築学科出身で、今いろいろと仕事をしている中で、実際の現場を見て思ったこと、感じたことなどを、建築学生時代の経験に絡めて書いております。
よろしくお願いいたします。
 

2017年11月14日

建築の高額洋書をレビューしてみた。

こんにちは



今回は、建築関係の洋書のレビューをしてみました。僕の部屋に本が沢山ありますので、色々とおすすめの本はあるのですが、今回はちょっと変わったレビューとして、



高額洋書



をレビューしてみようかと思います。建築の書籍の中には(建築に限らず、専門書のなかにはこういうものが沢山あります)、すでに絶版となっており、再販されることが無いため、プレミアがついている本が沢山あります。



その中でも、マニアックなコレクター向けの書籍というより、実際に活用できるタイプの高額洋書を紹介してみます。




アイデアの入り口とか、ボリュームスタディとか・・・そういうのに使える本だと思います。



僕も実際アイデアコンペで何度も活用したことのある本です。
※ただ何も考えずに活用したからといって良い作品が出来るわけでは無いので、そこはちゃんと線引きしてくださいね。



以前何度かブログやTwitterで書いたことがあるのですが、アメリカの建築家Steven Hollのwritten in waterという本です。



分厚くて小さいコンクリートブロックみたいな形をした本なのですが、現状売り出し中の在庫の中での最安値は1冊52,000円で、最高値は1冊で101,000円です。



1冊52,000円の本ってどんな本だよ・・・買うのは無理だが見てみたい・・・(´・ω・`)



と、気になるかと思いますので、とりあえず、レビューしてみました。



ちなみに、レビューでは関連書籍も含めて3冊紹介しています。さすがに全部買う猛者はいないと思いますが、一応リンク貼っておきますので・・・





Steven Holl - Written in Water




Steven Holl - Scale: An Architect's Sketch Book





Steven Holl - Idea and Phenomena




※ここでレビューしている本は



・Steven Holl - written in water 著:Lars Muller

・Steven Holl - Scale: An Architect's Sketch Book

・Steven Holl -Idea and Phenomena



の計3冊です。



本の内容がとても素晴らしいのですが、値段が高すぎますのでなかなか手に取れないかと思います。そこで、極力分かりやすく中身の良さを伝えたいと思い、動画を撮影しましたが、「引用の範囲内」の明確な定義の判断が出来ませんでしたので、数ページ以外はほとんどモザイク処理をして、レビューのコメントをしております。



他人のYoutubeの動画や、Twitter等のSNSのコンテンツを見ている限り、本のスキャンをそのまま載せて引用元等を明記せず、レビューですらない垂れ流しアカウントでもアカウント停止・著作者からの警告を受けているように見えませんので、おそらくモザイクを外しても出版側に迷惑をかけることは無いと思うのですが、詳しいことが良く分かりませんので、個人的に限界まで配慮して「引用」の定義に当てはまる範囲内で動画編集等をしております。



著作権・引用・レビューなどなどに関して、色々な記事を読みましたが、「レビュー・紹介」と「転載」の明確な定義が記載されておりませんでしたので、過去の判例等を参考にして、レビューとそれに必要な範囲内での引用と判断できそうなラインで動画を作成しております。




違反しているようでしたら、動画削除されるかと思いますのでその時はその時で・・・




posted by まっく at 23:06| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

制限された文字数の後ろに隠れている文字

こんにちは。



僕はいつもブログの記事をアップするとき、「140文字に収まらなかったので」という文章を付けてるのですが、やろうと思えば140文字にできます。



例えば、この「キャパに合ったアドバイスを受け取る」っていうブログの記事を140文字にすると、
※原文はこちら

■  キャパに合ったアドバイスを着実に受け取ること



これを140文字にすると・・・



一般的な小学生が大学生の授業を聞いても理解できないように、段階によって受けるべき教育があります。その積み重ねで大学の授業が受けられる土台が身に付くように、キャパが低いうちからレベルの高いアドバイスばかり聞かず、自分に近いところのアドバイスを聞いた方が結果的に早く成長すると思います





になると思います。





ちなみに、「アドバイスを受け取る」のブログの記事は、5000文字です。僕程度の人間が書こうと思った140文字の背景に、その35倍の5000文字があるわけです。



それを踏まえて、今なら簡単にフォローしてツイートを読むことが出来る有名建築家とか、実業家とか、著名人の1ツイートには、100倍(以上)くらいの背景があると思って読んだ方が良いと思います。



140×100倍=14,000文字。10ツイート読めばそれってもう書籍ですよ。



その意識をするだけで、SNSやYoutubeといった無料SNSからどれだけ多くの事が学べるか?



って考えたらわくわくしませんか?



ただ、何も考えずにただ140文字を読むと、それはただの140文字になってしまうのです。



是非、制限された文字数の後ろに隠れている文字を読む努力をしてみて下さい。



そして、これと逆で、僕は極力文字制限に支配されないようにブログで記事を書いているのですが、140文字でもなかなかなのに、質問箱では100文字制限です。だから、もし「挨拶」では無く、本気で質問する目的で質問箱を使った場合は、是非メールかTwitterのDM、で質問して下さい。




posted by まっく at 11:17| Comment(0) | 質問箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月08日

質問箱が、何故質問される側に得するシステムなのか

「質問箱が、何故質問される側に得するシステムなのか」



僕の中では当たり前のことなんですけど、よく質問されるので簡単に解説しておきます。



まず、僕が今までメールとかTwitterとかで受け取っていた質問では、相手のメールアドレスが僕に分かりますし(捨てアドレス作ればいいだけなんだけどね)、Twitterの場合はアカウントが分かります。そして、ほとんどの人がご丁寧にプロフィールを書いてくださっていたので、それなりに細かく分かりやすく答える努力が出来ました。



その分、送られてくる質問の数も少なく洗練されてきますので、僕1人でやっても余裕でした。



しかし、質問箱は「匿名」という最大の魅力があります。この匿名性のおかげで、質問を下さる方の数が一気に増えます。



つまり、僕にとっては新しい人と意見交換できる素晴らしい場所でもありますし、「気になるけど「まっく」って超怪しくね?」って思ってた人からしたら何のリスクも無く僕が怪しいかどうか存分に探れるので、なかなか便利なわけです。



ただ、この匿名っていう最高に素晴らしいシステムを利用しようと思うと、どうしても



「大学O年生です」とか「就活生です」とか、そういう自己紹介しか出来なくなるかと思います。



それはそれでいいのですが、



相手が男性か女性か、大学の建築学科と言っても工学系の建築か、芸術系の建築か、専門はデザインか、設計か、構造か、設備か、行ってる学校は4大か、専門学校か、高専か、短大か、工業高校か・・・



と、相手がどういう立場なのかで答えるべき内容が大きく変わります。



例えば、



「大学2年生です。設計課題について質問なんですが・・・」



と質問を受けても



質問者は4大の2年なのか、短大の2年なのかで、建築を勉強し始めて初めての課題なのか、もう卒業間際の課題なのかで、答える内容が変わってきます。



で、仮にこの2つのパターンの質問者に対する想定に対して、どちらにも通用する回答を100文字以内でやろうと思うと、



「設計課題は楽しんでやってみると良いですよ」



くらいの、非常に薄っぺらい、しょうもない、当たり前の回答になるか、どっちつかずの中途半端な回答になるのです。



で、それを僕がツイートした結果、



質問者は非常にあいまいな答えを受け取るだけ。特に何も解決できない。今までと同じ



僕のTLには質問箱のツイートが流れ、Twitterの「まっく」とTwitterの「まっく質問箱」と「建築学科攻略サイト」は連動していますので、ハッシュタグ効果もあってTwitterにアクセスが増える。その関係でブログにもアクセスが増える。フォロワーも増える




ってなるわけです。それじゃあ僕の”数を集めるだけの”集客ツールじゃん・・・
※”数を集めるだけ”っていうのポイントね。僕は数を沢山集めたいわけでは無いので・・・。笑



ってなってしまうので、沢山の人と意見交換できる環境をキープしつつ、出来るだけ質問に丁寧に答えて、質問した側にも何か活路を見出して次につなげてほしいなぁっていう魂胆で、色々と工夫してやっています。



メールやDMでのやり取りから比べると相当質が落ちますが、それでも面白いし便利なツールですので、せっかく利用するなら是非有効に活用していきましょう!





posted by まっく at 10:19| Comment(0) | 質問箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


建築学科攻略サイト 公式CM